【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が28日、世界全体で1千万人を超えた。最初の感染者が報告されてから約半年が経過したが、米大陸などでの被害が依然深刻で、過去最悪ペースでの拡大が続いている。死者は49万9千人を上回っている。

 感染者は4月2日に100万人を超えて以降、12~13日ごとに100万人が上積みされてきたが、5月21日に500万人を超えてからはペースが加速。6月22日には過去最短の6日で100万人が増え、900万人台に達した。

 感染急増には検査拡充のほか、各国の外出制限解除も影響しているとみられる。