茂木敏充外相は28日のNHK番組で、トランプ米大統領が5月に表明した先進7カ国首脳会議(G7サミット)の拡大構想を巡り「G7の枠組みそのものは維持することが極めて重要だ。これが全体のコンセンサスではないかと思う」と述べ、否定的な考えを重ねて示した。

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画の断念を受けた安全保障戦略の見直しに関しては「日米の基本的な役割分担は変わらない」としつつ「日本を取り巻く安全保障環境はがらっと変わっている。それを踏まえた防衛力や、日米同盟の在り方を考えていかなければいけない」と指摘した。