京都五山送り火連合会は27日、京都市で記者会見し、毎年8月16日に行う「五山送り火」について、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため規模を縮小して実施すると発表した。

 京都市を囲む山で、松などを燃やして「大」「妙法」の文字や「船形」「鳥居形」を炎で浮かび上がらせる伝統行事。今年はそれぞれの山で点火する箇所を少なくし、山に入る関係者も制限する。