任天堂は26日、京都市の本社で株主総会を開いた。古川俊太郎社長は、新型コロナの感染拡大の影響で品薄状態が続く「ニンテンドースイッチ」の生産が、近く元に戻るとの見通しを株主に示した。「5月までは計画通りに生産できない状況が続いていたが、6月に入りおおむね回復している。夏ごろには正常化できる」と述べた。

 スイッチの19年度の販売台数は当初の目標を上回り2103万台を記録。3月に発売したソフトがヒットするなど好調だが、コロナ禍で部品調達が遅れ供給が不安定となった。外出自粛による「巣ごもり消費」でゲーム人気が高まったこともあり、ネット通販では高額転売が相次いだ。