27日から梅雨前線の活動が再び活発化し、九州北部を中心に大雨になる地域があるとして、気象庁は26日、土砂災害や低地の浸水、川の増水に警戒を呼び掛けた。竜巻などの激しい突風や雷、ひょうにも注意が必要だ。

 気象庁によると、前線は28日にかけて、東日本の太平洋側から九州付近にほとんど停滞し、活動が活発化しそうだ。九州北部は27日朝から28日にかけて雷を伴う激しい雨が降り、前線の位置や活動次第では九州南部でも大雨の恐れがある。

 九州北部の27日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で80ミリ、その後の24時間は100~200ミリ。