囲碁の第58期十段戦5番勝負の第4局は26日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、挑戦者の芝野虎丸二冠(20)が141手で村川大介十段(29)に黒番中押し勝ちし、3勝1敗で十段を奪取、史上最年少の20歳7カ月、プロ入りから最速の5年9カ月で三冠となった。

 これまでの記録は2012年に井山裕太三冠(31)が達成した23歳1カ月、プロ入りから10年3カ月だった。

 芝野新十段は神奈川県出身で、14年9月にプロ入りした。昨年10月、張栩九段(40)から名人を奪取し、最年少の19歳11カ月で七大タイトル保持者に。11月には井山三冠から王座を奪取し、二冠となっていた。