26日の東京株式市場は前日の欧米株高を好感して買いが優勢になり、日経平均株価(225種)は反発した。新型コロナウイルス感染「第2波」への懸念は相場の重しとなった。

 終値は前日比252円29銭高の2万2512円08銭。東証株価指数(TOPIX)は15・52ポイント高の1577・37。出来高は約11億3795万株だった。