西村康稔経済再生担当相は26日の記者会見で、新型コロナウイルス対策の専門家会議を廃止して新設する分科会で、ワクチン接種の在り方などの検討に取り組むと述べた。新型コロナは高齢者や、糖尿病、呼吸器疾患などの基礎疾患がある人は重症化リスクが高いことから、ワクチン接種の優先度などを議論するとみられる。

 ワクチン接種は、今後ビジネスで海外渡航が必要になる人からの需要も高まりそうだ。コロナ対策を巡る課題は発生当初と比べて多岐にわたるとして、分科会は幅広い分野から人選を行う方針も改めて示した。