【シアトル共同】米大リーグ、マリナーズの菊池雄星投手は25日、シアトルで共同通信の取材に応じ、新型コロナウイルスの影響で60試合制での7月下旬開幕が決まった今季に向け「最初から飛ばすだけ。何月にピークを持っていくとかを考えて投げられるほど、僕は器用ではない」と抱負を語った。

 3月中旬のキャンプ中断以降もアリゾナ州にとどまって自主練習した。今月半ばには本拠地のシアトルに戻り、自宅近くのグラウンドでの投球などに取り組んだ。フォークボール習得にも着手。約4カ月遅れのメジャー2年目へ「いつも通り、100パーセントを出せる準備をするだけ」と万全を期した。