【ニューヨーク共同】米南部テキサス州のアボット知事は25日、新型コロナウイルス感染者の急増を受け、州で予定していた新たな営業規制緩和を中止すると発表した。一部の病院に対し、コロナ患者対応のため不急の手術を中止することも求めた。

 テキサス州は23~24日、それぞれ新規の感染確認者が5千人を突破。入院者も急増し、病院の収容能力が限界に近づいている。

 米国ではテキサスのほかカリフォルニア、アリゾナなど南部、西部州を中心に感染が急拡大しており、ニューヨーク・タイムズ紙によると、24日の全米の新規感染者は約3万6880人と過去最高を記録した。