健康計測機器メーカーのタニタが、新型コロナ禍での熱中症に関する意識調査をしたところ、「夏もマスクの着用を続ける」と回答した人が75・0%に上った。最高気温が35度以上の猛暑日でも着けるとしたのは60・7%、ジョギングなど運動の際も着用する人も42・4%だった。

 「夏もマスクの着用を続けるか」と聞いたところ「非常にそう思う」が26・8%、「ややそう思う」が48・2%で、合わせて75・0%。屋外で人と距離が保てる場合でも着用するとした人は56・8%だった。

 厚生労働省は熱中症対策として、屋外で人と十分な距離が確保できる場合はマスクを外すよう推奨している。