【ニューヨーク共同】25日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均はもみ合い、午前10時現在は前日比91・08ドル安の2万5354・86ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は77・30ポイント安の9831・87。

 米国で新型コロナウイルスの新規感染者数が増加したため経済の先行き懸念から売りが先行し、ダウ平均の下げ幅は一時、230ドルを超えた。売りが一巡すると、前日に大幅下落した反動もあり、上げに転じる場面も見られた。