【鉄原共同】北朝鮮軍が韓国に侵攻し、朝鮮半島全域が戦場と化した朝鮮戦争(1950~53年)の開戦から70年となった25日、犠牲者を追悼する韓国政府主催の式典がソウル近郊で開かれ、文在寅大統領は「世界史で最も悲しい戦争を終わらせるための努力に、北朝鮮も大胆に乗り出すことを望む」と呼び掛けた。

 朝鮮戦争は現在も停戦状態で、文政権は米朝などによる終戦宣言の仲介を目指してきたが、実現していない。文氏は「平和と繁栄の朝鮮半島は必ず成し遂げなければならない責務で(南北の)8千万同胞みんなの宿願だ」として和解を訴えた。