政府は25日までに、オホーツク海で地質調査を行うと通告したロシアに対し、対象海域に北方領土周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)が含まれているとして「わが国の立場と相いれず、受け入れられない」と申し入れた。

 日本外務省によると、ロシア側は18日~9月18日に北方領土周辺を含むオホーツク海で地質調査を実施すると日本側に通告。日本政府は今月17日に在日ロシア大使館に申し入れた。