政府は25日、人を乗せて空を移動する「空飛ぶ車」の2023年の実用化に向け、安全性の確保や飛行空域の整備といった技術面と制度面の課題をまとめた論点整理を発表した。これまでにANAホールディングスが25年大阪・関西万博で旅客輸送サービスの提供を目指すと表明しており、官民挙げて技術開発や条件整備を加速する。

 経済産業省や国土交通省が、航空機メーカーや地方自治体、大学などと設置した官民協議会が24日に第6回会合を開き、これまでの議論を総括した。今後、実務者らがさらに議論し、課題の解決法をまとめるほか工程表の改定も目指す。