【ベルリン共同】ドイツ航空大手ルフトハンザグループの臨時株主総会が25日開かれ、同社が政府と合意した計90億ユーロ(約1兆円)の公的支援策を承認した。計画を批判していた筆頭株主も支持を表明し、支援策は実現に向けた最終手続きを終えた。新型コロナウイルスの影響で経営危機に陥る同社の救済が決まり、支援策が動きだす。

 ルフトハンザは90%以上の便が運休して資金難に陥り、5月に支援策に合意した。政府が3億ユーロで株式の20%を取得し、監査役会にも2人を送って経営に一定程度参画する計画。