日本学生野球協会は25日、東京都内で理事会を開き、日本高野連と日本野球機構(NPB)がプロ志望の高校生対象の合同練習会を8、9月に開催することを承認した。新型コロナウイルスの影響による春の選抜大会、夏の全国選手権大会中止など試合機会に恵まれなかった高校生に対する救済措置で、プロアマ合同で今年限りの異例の「トライアウト」となる。

 10月26日にドラフト会議を実施するプロ側にとっては、高校生の力量を測る場となる。日程は8月29、30日と9月5、6日の2度。東西各1カ所で開催の見込みで人数が多い場合は9月12、13日にも実施する。会場や方式は今後協議される。