東京五輪・パラリンピック組織委員会の布村幸彦副事務総長は25日、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された五輪の聖火リレーについて、到着を祝う各地の式典の簡素化を検討する方針を示した。ランナーやルートは基本的に維持する。今後、各都道府県と協議を進める。

 組織委はコスト削減のため、全般的な運営の見直しを進めている。布村氏は、リレー実施に際して感染防止の観点から「観客、関係者が密にならないように、しっかり対策を取っていかないと」との認識も明らかにした。

 組織委は15日から各国・地域の国内オリンピック委員会(NOC)などと、大会の準備について意見交換した。