東京都昭島市で2017年に自殺した市立中1年の女子生徒=当時(13)=の遺族が、自殺と学校でのいじめとの関連性が強く疑われるとして、同市教育委員会に第三者委員会での調査を求めていた問題で、市教委は25日、第三者委を設置して調査することを決めた。

 市教委は「いじめに当たる行為はあったが、その都度丁寧に対応し解決した状態だったため、自死がいじめに起因するものではないという判断に変わりはない」としている。

 関係者によると、女子生徒は17年10月、自宅で自殺を図り、約1カ月半後に死亡した。