人工心肺装置「ECMO(エクモ)」を使う医療従事者の訓練に活用できる皮膚の模型を、青森県平川市の企業などが開発した。エクモは新型コロナウイルス感染症の重症者を救う最後のとりでとされるが、装着に高度な技術が必要で、専門人材の育成が急務。東北大の研修施設で活用が始まり、好評価を得ているという。

 模型は厚さ3センチの板状。ゲル素材で人体のような弾力があり、内部に血管を模したチューブを配置することが可能。刺した針の状態が超音波(エコー)でリアルタイムに確認できる。

 平川市の精密機器製造「アピール」と青森県産業技術センター、東北大が共同で開発した。