近畿日本鉄道は新型コロナウイルス感染拡大の予防策として、9月末までに全1938両の車内に抗ウイルス加工を施すと発表し、25日に作業を報道陣に公開した。国内の移動自粛要請が解除され、観光シーズンは利用客の増加が見込まれる。近鉄は予防策を講じて、受け入れ準備を急ぐ。

 愛知県蟹江町の車庫では、作業員が窓ガラスやつり革、座席などに薬剤を霧状にして吹き付けていた。新型コロナと似た特徴を持つウイルスが薬剤に触れると不活性化することが確認されており、新型コロナでも効果が期待されている。効果は数年残るという。

 同社は「安心して乗ってもらえる車内環境にしたい」と話した。