楽天のゼラス・ウィーラー内野手(33)と巨人の池田駿投手(27)のトレードが25日、両球団から発表された。内野の層を厚くしたい巨人と、左投手が手薄な楽天の補強ポイントが合致した。

 ウィーラーは楽天を通じて「東北での時間を忘れない」と感謝を述べた。池田は巨人から「期待に応えられるように全身全霊で頑張る」とコメントを出した。

 ウィーラーは米大リーグ、ヤンキースなどでプレーし、2015年に楽天に加入。主に三塁を守り、17年には31本塁打をマークした。

 池田は新潟明訓高から専大、ヤマハを経て17年にドラフト4位で巨人に入団。今季は1軍での登板はない。