教科書採択を巡る会議の録音データ開示を拒否した上、その後にデータを消去したのは違法だとして、元教員の女性2人が川崎市に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は24日、請求の一部を認めて11万円の支払いを命じた一審横浜地裁川崎支部判決を支持、女性側の控訴を棄却した。

 判決によると、女性らは14年9月、市教育委員会が同8月に開いた高校の日本史教科書採択に関わる会議の音声データ開示を市に請求。市は開示を拒否し、その後に市職員が消去した。