東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、来夏に延期された東京五輪の開幕1年前イベントを見送る方針を明らかにした。世界が新型コロナウイルスとの闘いを続けている現状を踏まえ、華々しい行事は情勢にそぐわないと判断した。

 組織委の高谷正哲スポークスパーソンは同日の記者会見で、開幕1年前に当たる7月23日の対応に関し「人を集めての特別なイベントは実施しない予定だ」と述べた。一方で、各国の選手らに向けたメッセージの発信などを検討していると説明した。