千葉県木更津市は24日、陸上自衛隊木更津駐屯地に暫定配備される輸送機オスプレイの整備作業が米軍岩国基地(山口県岩国市)で同日から始まったと明らかにした。防衛省北関東防衛局から連絡を受けた。整備には約2週間かかるとされ、木更津駐屯地には7月上旬以降、順次到着する見通しだ。

 防衛省によると、陸自が導入する17機のうち2機は5月、岩国基地に到着。ただ新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、作業に当たる米側要員が移動制限措置を受けたため、整備開始が遅れていた。岩国基地で試験飛行し、1機目が7月上旬ごろ、2機目が同中旬ごろに木更津駐屯地に到着する予定。