【シンガポール共同】シンガポールで7月10日に実施される総選挙を前に、同国のリー・シェンロン首相(68)と対立している弟シェンヤン氏(62)は24日、新たな野党「シンガポール前進党(PSP)」に入党したと表明した。出馬するかどうかは明らかにしていない。

 兄弟の対立は、父親で2015年3月に死去した建国の父、リー・クアンユー初代首相の自宅を巡って17年に表面化。シェンヤン氏は、自宅の取り壊しを希望していた父親の遺志を尊重していないなどとしてリー首相を「信用しない」と批判する声明をフェイスブックに投稿した。