大阪府内にある診療所の医師2人が新型コロナウイルスに感染し亡くなっていたことが24日、府医師会への取材で分かった。茂松茂人会長によると、2人はコロナ患者を担当してはいなかったが、診察した患者の中に、後に感染が判明した人がいたとの情報が地区医師会から寄せられた。茂松氏は「一般の患者を診ていて罹患した可能性がある」との見方を示した。

 死亡した2人は高齢だったという。他にも医師2人が感染したが、回復したことも明かした。

 茂松氏は「規模の大きくない診療所は病院と違って十分な感染防護体制がないところもある」と指摘した。