社民党の福島瑞穂党首は24日の記者会見で、立憲民主党との合流に関し「党内は反対論も強いし、危惧もある。賛成の人もいる。完全にゼロベースで議論する」と述べ、慎重な姿勢を重ねて示した。「社民党は合流に意義があると確認したことはない」とも強調した。

 両党の幹事長が同日までにまとめた文書では、合流の意義について「自公政権に対抗する力をつくり、政権交代を実現する」と明記した。社民党の合流推進派は25日の常任幹事会で文書の扱いを話し合った上で党内議論を進めたい考えだが、慎重派の福島氏が難色を示したことで、意見集約は難航する可能性がある。