無所属の岡田克也元副総理は24日、次期衆院選が政権交代の最後の機会になるとの認識を示し、立憲民主、国民民主両党の早期合流を訴えた。国会内で記者団に「政権交代可能な政治のためには、今度の選挙がラストチャンスだ。ここで負けてしまうと、野党の再建は難しくなる」と語った。

 安倍晋三首相が8月後半以降、衆院解散・総選挙に踏み切る可能性があると改めて主張。立民、国民両党執行部に対し「解散もあり得ると真剣に捉え、しっかりした話し合いをしてもらいたい」と、合流に向けた協議を求めた。