【ロサンゼルス共同】米大リーグ公式サイトは23日、レギュラーシーズン60試合制での無観客による今季開幕が決まったことを受け、乱闘やかみたばこを禁止するなどとした新型コロナウイルスの感染予防策を伝えた。

 試合前のメンバー交換は取りやめ、ハグやハイタッチ、ヒマワリの種をかむことや、つば吐きも禁じた。プレーする選手以外はベンチやブルペンでのマスクの常時着用、出場予定がなければ観客席に座ることを求めた。

 キャンプ再開以降、選手には1日おきの検査、1日2回の検温や症状のチェック、月1度の抗体検査を受けさせる。