福島県の内堀雅雄知事は24日、環境省で小泉進次郎環境相と会談し、東京電力福島第1原発事故による帰還困難区域のうち、未除染地域に関する具体的な除染方針を早急に提示するよう求める要望書を手渡した。

 帰還困難区域では、一部に「特定復興再生拠点区域(復興拠点)」を整備し居住再開に向け除染が進むが、それ以外の地域の除染方針は示されていない。要望で内堀知事が「県民の思いを込めた」と訴えると、小泉氏は「大きな課題を一緒に前に進めたい」と述べた。

 帰還困難区域を巡っては、同県飯舘村が完全に除染しなくても村内全体を一括で避難解除してほしいと要望しており政府は検討している。