新型コロナウイルスの影響で中止が続いていた女子ゴルフの国内ツアーは、25日からのアース・モンダミン・カップで約4カ月遅れの初戦を迎える。開幕前日の24日、千葉県カメリアヒルズCCで各選手は最終調整し、昨季賞金女王の鈴木愛はオンライン会見で「久しぶりに試合ができるのを楽しみに4日間、頑張りたい」と抱負を語った。

 観客を入れない開催について「ギャラリーがいた方が気持ちが高まる。(気持ちの)波があった方がスコアを出しやすい」と静寂を心配。「キャディーさんに盛り上げてもらって気持ちを高めたい」と対策を話した。

 この日はアウトの9ホールをラウンドした。