ソフトバンクグループ(SBG)は24日、米携帯大手TモバイルUSの保有株式を最大約201億ドル(約2兆1千億円)で売却すると発表した。最大4兆5千億円分の資産売却を通じた財務強化策の一環として、23日に売却方針を打ち出していた。既に実施済みの携帯子会社のソフトバンク株譲渡などと合わせて計画の約8割の資金確保を達成する。

 保有する3億460万株のうち最大1億9831万株を手放す方針で、26日に大半を1株当たり103ドルでTモバイルに売却する。SBGのTモバイルに対する出資比率は現在の約24%から約8%に下がり、持ち分法適用会社から外れる見込み。