スターバックスコーヒージャパンは24日、健聴者と聴覚障害のある従業員が共に働き、「手話が共通言語」となる店舗を東京都国立市に27日オープンすると発表した。国内では初めてで世界では5店舗目となる。多様な人々が自分らしく過ごせる居場所の実現を目指す取り組み。

 サイニングストアと呼ぶ新店舗で、注文は手話のほか、指さしメニューシートや筆談具、音声入力ができるタブレット端末でできるようにし、コミュニケーション自体を楽しめる工夫を凝らした。オープン時には25人の従業員のうち19人が聴覚障害者となる。