旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が24日発表した2020年4月中間連結決算は、純損益が34億円の赤字(前期は49億円の黒字)に転落した。中間期の赤字は02年の上場以来初めて。新型コロナウイルス感染拡大を受けた世界的な入国制限により、主力の海外ツアーが3月以降に相次ぎ中止された影響が大きかった。

 20年10月期の業績予想は未定とした。従来は売上高を7750億円、純損益を11億円の赤字としていたが、新型コロナの影響を算定することが難しくなったという。

 中間期の売上高は前年同期比8・9%減の3443億円となった。