第61回宝塚記念(28日・阪神11R2200メートル芝、G1)の最終追い切りが24日、東西(美浦、栗東)のトレーニングセンターで行われ、ファン投票2位の5歳牝馬、ラッキーライラックが大阪杯に続くG1連覇へ向け、好仕上がりをアピールした。

 栗東Cウッドコースを単走で駆け抜けた。松永幹夫調教師は「いい追い切りができた。馬込みも平気。心身ともにたくましくなり、完成されている」と満足そう。

 G2の金鯱賞を圧勝したサートゥルナーリアは、栗東坂路でパワフルな動き。角居勝彦調教師は「どっしりとして古馬の風格が出てきた」と話した。