安倍晋三首相は24日、公明党の山口那津男代表と官邸で昼食を交えて約1時間会談した。衆院解散が話題に上り、首相は「頭の片隅にもない」と語った。会談後、山口氏が記者団に明らかにした。

 山口氏は23日の記者会見で衆院解散への見解を問われ「国民の不安解消の方が優先度は高い」と新型コロナウイルス対応の重要性を強調。会談でもこうした見解を伝えたとみられる。新型コロナ感染症対応と経済回復に全力で取り組む方針も確認した。