自民党の石破茂元幹事長は24日放送のラジオ番組で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」に関し、配備計画撤回を決めた場合の日本の安全保障への影響を検証すべきだとの認識を示した。議論の場として、国会の閉会中審査を挙げた。

 停止の理由にコストを挙げた河野太郎防衛相の発言を念頭に「安保政策で『無駄撲滅』と言ったら議論は成り立たない」と指摘した。

 河野氏は行政改革担当相時代、原子力関連予算の検証など無駄撲滅に取り組んだ。