菅義偉官房長官は24日の記者会見で、官房長官退任後に回顧録を執筆する考えはないと強調した。ボルトン前米大統領補佐官の回顧録が話題になる中、執筆する考えがないか問われ「そうした誘惑に駆られることはない」と答えた。

 菅氏は2012年12月の第2次安倍政権発足以降、官房長官を務めており、16年7月に在職日数で歴代トップとなった。