立憲民主党など野党4党の国対委員長は24日、国会内で会談し、河井克行前法相と妻の案里参院議員が逮捕された事件に関する実態解明チームを設置する方針を決めた。自民党本部から夫妻側に計1億5千万円が提供された時期に、安倍首相と克行前法相が複数回面会していたとして関連を追及する考えだ。

 立民の安住国対委員長は「首相が直接会って資金提供を決めたとなれば大きな責任になる」と記者団に強調した。

 1億5千万円は自民党本部から昨年4~6月、夫妻がそれぞれ支部長だった党支部へ入金されていた。共同通信の「首相動静」によると、首相と克行前法相は昨年4月や5月などに面会していた。