昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収)容疑で逮捕された前法相の衆院議員河井克行容疑者(57)と妻の参院議員案里容疑者(46)の買収対象者とされた94人の中に、元広島県議会議長の奥原信也県議(77)が含まれていることが24日、関係者への取材で分かった。受け取った疑いのある額は200万円で94人の中で最高額とみられ、取材に対し受領を認めた。

 広島県三原市の天満祥典市長(73)も含まれ、受領額が150万円とみられることも判明。94人のうち、約20人は現金を複数回受け取った疑いがある。