太平洋戦争末期の沖縄戦で組織的戦闘が終結してから75年の23日、沖縄県糸満市摩文仁の平和祈念公園で沖縄全戦没者追悼式が営まれた。玉城知事は平和宣言で、米軍普天間飛行場の移設先、名護市辺野古沿岸部で埋め立てを進める政府を直接批判せず、辺野古の海は「ウチナーンチュ(沖縄人)の財産」と述べるにとどめた。安倍首相も辺野古に触れなかった。

 政府との対決色を薄めた格好だが、知事周辺は、新型コロナの感染拡大防止のため首相の招待が見送られ「辺野古阻止を訴える相手がいなかっただけだ」と説明。玉城氏は式典後「辺野古新基地建設に反対する気持ちは全く変わらない」と強調した。