JR東日本は23日、16都県主要18駅の土日だった20、21日の自動改札利用実績を明らかにした。前週(13、14日)と比べ長野38%増、高崎34%増、千葉23%増となり、全ての駅で2桁の伸び率となった。19日に都道府県をまたぐ移動自粛が全面解除。土日の新幹線と在来線特急を合わせた利用者も50%増で、各地で鉄道を利用した外出が増えたとみられる。

 JR東によると、前年の同じ曜日の2日間と比較すると、大半の駅で減少幅は40~50%台。新型コロナウイルスの感染拡大前との比較では、利用者はかなり少ないのが実情だ。一方で千葉など前年の6~7割程度になった駅もあった。