新型コロナウイルスの感染拡大の影響で母親の47・1%、父親の29・3%が、1日の育児時間が平均5時間以上増えたことが23日、東大大学院発達保育実践政策学センターの調査で分かった。新型コロナの影響で仕事を休んだ母親は24・9%、父親は5・0%。一方、職場や外での仕事を続けた父親は62・0%で、母親(34・0%)の約2倍だった。

 高橋翠特任助教は「保育所などの休園・登園自粛期間の家庭保育を主に母親が負担した構図だ」と分析している。

 調査は4月30日~5月12日、就学前の0~6歳の子どもがいる保護者にインターネットで実施し、全国の2679人が回答した。