全日本空手道連盟は23日までに、新型コロナウイルス感染防止のため試合や練習で技を放つ際の「気合」の声出しをしないよう求めるガイドラインを発表した。競技の本質的な部分に関わるが、日本代表の古川哲也コーチは「気持ちをコントロールし、声を出さずに練習するのも修行のうちだ」と話した。

 競技規定では、組手の得点基準の一つに「気力」があり、選手は技を出す際に大声を上げる。形の演武でも、要所での気合が欠かせない。しかし、ガイドラインでは、こうした声出しは飛沫感染の危険性があるとしている。