新型コロナウイルスに感染し、回復したアイスホッケー「栃木日光アイスバックス」の相馬秀斗選手(24)が23日、栃木県日光市で退院を報告する記者会見を開き、「ご心配とご迷惑をおかけして申し訳ない。リンクの上で、ファンの皆さまにプレーで示せるよう頑張る」と話した。

 相馬選手は、北海道で感染者が増えていた4月上旬に札幌市へ帰省し、5月上旬に発熱。検査で陽性が確認され、同市内の医療機関に入院していた。その後2度陰性と判定され、5月20日に退院した。現在は自主トレーニングに励んでいる。