大相撲の大関貴景勝が23日、報道陣の質問に日本相撲協会を通じて回答し、相撲を取る稽古を同日に再開したと明らかにした。2度目のかど番となる7月場所(7月19日初日・両国国技館)へ向け「久しぶりなのでけがをしないようにと意識した。自分の攻めをもう一度意識して取り組んでいく」と述べた。

 5月の夏場所は新型コロナウイルス感染拡大の影響などで中止となった。異例の事態にも「心身ともに回復すること」に重点を置いてきた。栄養学の本を読んで食事面にも注意を払い、自身の体と向き合った。