関西電力の金品受領問題を巡り、会社の信用を低下させ損害を与えたとして、個人株主5人が23日、八木誠前会長や岩根茂樹前社長、森本孝社長ら現旧の経営陣や監査役など計22人を相手取り、関電に約92億円の損害賠償を支払うよう求める株主代表訴訟を大阪地裁に起こした。訴訟には5人に加え、44人の株主が共同参加する。

 金品受領問題を受け関電は16日、八木前会長ら旧経営陣5人に、計19億3600万円の損害賠償を求める訴訟を地裁に起こしたが、森本社長ら現経営陣や監査役の提訴は見送っていた。株主らは、より広範囲な責任追及が必要だと判断し、代表訴訟に踏み切った。