河野太郎防衛相は23日の閣議後記者会見で、18~20日に鹿児島県・奄美大島の北東から横当島の西に向け、接続水域内を潜航した潜水艦について「中国方向に航行したことを確認した。総合的に勘案して中国のものと推定している」と明らかにした。その上で「中国の意図をしっかりみていかなければいけない」との認識を示した。

 接続水域内を潜行した潜水艦の国籍を公表するのは異例。河野氏は「私の判断だ。尖閣諸島をはじめ、さまざまな情勢に鑑みた」と述べた。

 防衛省によると、接続水域内を航行したのは潜水艦1隻で、領海への侵入はなかった。