駐車位置で口論となった男性が車にしがみついているのに発進し、電柱に衝突させたとして、警視庁捜査1課は23日、殺人未遂の疑いで東京都新宿区西落合、自称自営業の豊田宏容疑者(62)を逮捕した。男性は頭の骨を折り、22日夜に死亡した。

 捜査1課によると、男性は新宿区西落合の会社員重田東海さん(48)。22日午後3時ごろ、豊田容疑者が西落合のスーパーマーケットを訪れる際、重田さん宅前の路上に駐車したため口論になった。

 逮捕容疑は、重田さんがドア付近にしがみついているのに発進させ、電柱に衝突させた疑い。豊田容疑者は「けがをさせた覚えはない」と容疑を否認している。